動脈硬化を迅速測定!血圧脈波検査装置Vasara VS-1000 常設医院

動脈硬化について

動脈硬化とは・・・

「血管の内壁が厚くなったりもろくなって、血液の流れが悪くなった状態」

をいいます。

現代、日本の食文化は欧米化により、脂肪摂取量が増加しています。
それに伴い、動脈硬化の増大が問題になっています。

動脈硬化を促進する主な危険因子として、

  • 喫煙
  • 高血圧症
  • 高脂血症
  • 糖尿病

などがあげられており、
危険因子が重なると動脈硬化が加速度的に早まることがわかっております。

ほかには、

「高尿酸血症・肥満・過度の飲酒・ストレス・精神的な悩み・運動不足・加齢」

なども、動脈硬化を促進するといわれています。

動脈硬化を放置すると、

  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 全身障害(閉鎖性動脈硬化症)

などの、命にかかわる疾患へと進行していく恐れがあります。

このように多くの病気の元となる動脈硬化ですが、
その進行を測定するのは難しいとされていました。

しかし、当院ではその進行を簡単に測定できる装置

「血圧脈波検査装置Vasara VS-1000」を常設しています。

現在、

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • ストレス
  • 喫煙
  • 肥満
  • 足の冷え・しびれ

などに、1つでも思い当たる方はこの検査をおすすめします。

 

血圧脈波検査装置Vasara VS-1000

 


動脈の狭窄や閉塞の評価
 動脈硬化のスクリーニング

血圧脈波検査装置
バ セ ラ                 
VaSera VS-1000

 
 Vasara VS-1000 の測定例

ベッドに横になり、四肢に
血圧計のカフ(左右の手足)、
心電、心音センサを装着

画面で波形を確認
スタート
(検査は4分以内)

 

 

 

 

 

 

  計測波形          計測値

 

 

 

 

 

 

   
 診断結果例 (カラーレポート)

ABI,PWV説明図

 

 

 

 

 

 

  時系列グラフでは、白を正常、黄色を注意、赤色を危険領域
   として表示します。
 
  時系列データは、最新の10件を出力します。

  カラーレポートでは、ABIの主な関心領域である下肢の図を
   中心に描いています。
 
  計測波形は、PWV計測時の心電、心音、脈波図です。
 
  ABIは、閉塞性動脈硬化症(ASO)において評価が確立さ
   れた診断指標です。また、血行再検術後の経過観察にも
   有用です。
 
  PWVは、動脈の硬さを表し、動脈硬化性疾患の早期発見
   のための指標になります。また、動脈硬化の進展の推察
   や、薬物・運動・食事療法等の経時的観察にも有用です。

 測定項目
 モードを変えることにより、体の各部の血液の流れ具合を測定します。

    測定項目
モード

SYS/DIA
脈圧
R-ABI
L-ABI
R-PWV
L-PWV
B-PWV PWV 
PWV *
計測波形
検診モード vs12 脈 波
基本モード 脈 波
 
心 電
 
心 音
精密モード 脈 波
 
心 電
 
心 音

 

 

 

■ 四肢血圧の変化、左右差等で動脈の狭窄や閉鎖等を推測できます。

四肢血圧
ABI,PWV計測時に、加圧しない肢を簡単に設定できます。
1肢~4肢まで自由に選択した血圧測定も可能です。
計測は、SYS/DIA脈圧です。

 

 

 

■ ABIは、下肢動脈狭窄や閉塞の程度を表します。0.9未満で狭窄の疑いがあります。
足関節上腕血圧比
ABI=足関節血圧/上腕血圧で算出します。
分母は、左右差が10mmHg未満なら左右の平均、以上なら左右の高い方
をとります。
右足ABI : R-ABI,左足ABI : L-ABI

 

 

 

 

■ PWV(脈波伝播速度)は、2点間を脈波が伝わる速さです。動脈が硬くなるほど速くなります。
上腕~左右足首間 脈波伝播速度

(四肢のカフだけで計測)

四肢に巻いたカフの容積脈波から、上腕-左右足首間のPWVを測定
上腕~右足首 : R-PWV,上腕~左足首 : L-PWV
 
心臓~右上腕間 脈波伝播速度

(四肢のカフ、心電、心音センサが必要)

心音(Ⅱ音)と右上腕カフの容積脈波から、心臓-右足首間のPWVを測定
心臓~右上腕 : B-PWV
 
大動脈 脈波伝播速度

(心電、心音、頚動脈波、股動脈波センサが必要)

頚動脈、股動脈の脈波と心音(Ⅱ音)から、大動脈のPWVを測定
大動脈 : PWV、圧補正したPWV : PWV*

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ